【ポリアモリー】彼の依存と嫉妬

きのコ きのコ

公開日|2022.08.08

更新日|2022.08.08

マサと付き合い始めたのは、5年ほど前。

私がポリアモリーであるということは、付き合い始める前にあらかじめ伝えていた。
とはいえ、ポリアモリーをカミングアウトするのは私も初めてだったし、彼も私と付き合うまではポリアモリーという言葉を知らなかったらしい。インターネットで検索しても当時は情報も少なく、Wikipediaに「ポリアモリー」の項目は一応あったものの、文章も難しいしよく意味が分からなかったみたいだ。

どうなるか分からないながらに始まったお付き合い。最初は私が関東在住、彼が九州在住という遠距離恋愛だったので、会えるのは頑張っても月に1度、数日間くらいだった。

彼は、当時勤めていた会社の新しい拠点の立ち上げメンバーとして転勤したばかりで、社内にも引越先の近くにも知り合いは皆無。しかも買い物や遊びに行くのも一苦労といった田舎で、車もなく家と会社だけを徒歩で往復するような生活を送っていた。
そして毎日、家にいて時間のある時にビデオ通話で私と話すこと以外、あまり他にすることもない日々だったらしい。

一方の私はといえば、「初めてポリアモリーであることをオープンにした恋人ができた!他の好きな人たちとも、デートしていいんだ!」とはしゃいで、親しい仲間たちと遊びに出かけたりデートしたりする毎日。いきなり新しい恋人ができるということこそなかったものの、好意をもって会う相手は2、3人いた。

いくら私が彼に、自分がポリアモリーで「他の人を好きになる可能性もある」ということを伝えてあるとはいえ、私と話す以外にすることがない彼にとっては、私が他の人と遊んだりデートしたりして通話ができない時間は耐えがたかったようだ。
最初は私が他の人とデートすることに何も言わなかった彼だけど、次第に、不機嫌さもあらわに「早く帰ってきて」「泊まりで遊びに行かないで」と言うようになった。

「明日はユウスケさんとお泊まりデートしてくるね」
「…明日は僕の帰りが早いから、通話したい。きのコさんも泊まらずに帰ってきて」
「ごめん、明日しかユウスケさんの都合があわないから…」
「なんでユウスケさんともデートするの? 僕のこと好きじゃないの?」
「マサくんのことは好きだよ。でも、ユウスケさんやケンのことも好きだし、彼らとも一緒に過ごしたいの」

といった調子で、次第に言い争いが増えていった。多い時には、毎週のようにケンカしていただろうか。

そんな、モノガミー(お付き合いは1対1でするもの、という考え方にもとづいたライフスタイル)の彼が変わっていくきっかけになったのは、私の「マサくんは、私に依存してる」という一言だった。

ある日、私は彼に、

「私は、マサくんと他の人のどちらの方が好き、というような優劣はつけられない。マサくんと話す時間ももちろん大事だけど、他の人と過ごす時間も、一人きりで過ごす時間も、大切にしたいと思ってる。私の時間をどんなことに使うかを決める時には、もちろんマサくんの気持ちを無視するつもりはないけど、まずは最初に自分で考えたい。私はマサくんのことを愛しているけど、『空いた時間を全てマサくんに使う』というようなかたちでマサくんに依存はしたくないし、マサくんからも依存されたくないと思ってるの」

というふうに自分の考えを説明した。

もちろん話しながら気持ちの高ぶりはあったけれど、わがままに自分の感情をぶつけるのではなく、それでいて自分の気持ちに正直に、でももしこの考え方をどうしても受け入れてもらえなければ、別れる結果になっても仕方ない…というような覚悟はしていた。

彼は、それまで「きのコさんは全然僕に時間をつかってくれない」と恨みがましく感じていたのが、私の「依存してる」の言葉でハッとして、「そうだ、きのコさんだけに依存してちゃいけない。自分も何か、他に夢中になれることを探してみよう」と思ったそうだ。

それからの彼は、私と通話するばかりでなく、自宅でカレー会を開いて会社の人たちを呼んだり、自転車で少し遠くのカフェへ出かけたり、1人で自宅にいる時でもゲームをしたり映画を観たり、休日にいろいろな過ごし方をするようになった。
また彼はSNSを通じて、私以外のポリアモリーの人たちと知り合い、その人たちに「恋人がポリアモリーであることについて悩んでいる」という相談をしたりする中で、少しずつポリアモリーに対する理解を深めていった。

もちろん、何もかも一直線に良い方向へ向かっていったわけではなく、三歩進んでは二歩戻るように、昨日は落ち着いていたけれど今日はまたケンカしてしまったり、という日々。
朝まで通話しながら泣いたことも、一度や二度ではない。

それでも、「言いたいことは、ネガティブなことであっても我慢せずに言う」「話し合うことを諦めない」という姿勢がお互いにあったからこそ、毎週のようにケンカしながらもひとつひとつ分かりあい、信頼を積み重ねていくことができたのだと思う。

いいねした記事は登録後マイページで見れるわ。

コメントを書く

投稿する

きのコ きのコ の他の投稿

【ポリアモリー】彼氏の彼女に感じた、嫉妬とは真逆の気持ち

ラブラブ

2022.09.21

カップル ラブラブ

【ポリアモリー】彼氏の彼女に感じた、嫉妬とは真逆の気持ち

きのコ きのコ

【ポリアモリー】恋人の新しい彼女との、ドロドロの日々

略奪

2022.09.16

修羅場 略奪

【ポリアモリー】恋人の新しい彼女との、ドロドロの日々

きのコ きのコ

【ポリアモリー】恋人に、別の恋人ができた

同棲

2022.09.09

カップル 同棲

【ポリアモリー】恋人に、別の恋人ができた

きのコ きのコ

関連する体験談

「俺は"踏み台"だったでしょ?」…セフレに言われてドキッとした、私の罪

喧嘩/束縛

2022.09.16

カップル 喧嘩/束縛

「俺は"踏み台"だったでしょ?」…セフレに言われてドキッとした、私の罪

とうもろ こしき とうもろ こしき

「今まで通りセックスするなんて無理だよ!」

喧嘩/束縛

2022.08.14

カップル 喧嘩/束縛

「今まで通りセックスするなんて無理だよ!」

とうもろ こしき とうもろ こしき

都合のいい女すぎて笑った恋愛

喧嘩/束縛

2022.08.06

カップル 喧嘩/束縛

都合のいい女すぎて笑った恋愛

ぴーたん ぴーたん

関連するまとめ記事

その違和感本当かも!?束縛男に豹変する前兆の見分け方

喧嘩/束縛

2022.08.24

カップル 喧嘩/束縛

その違和感本当かも!?束縛男に豹変する前兆の見分け方

ガライ ガライ

彼氏の束縛が嬉しいと気づいた!女性のリアルな体験談を紹介!

喧嘩/束縛

2022.06.19

カップル 喧嘩/束縛

彼氏の束縛が嬉しいと気づいた!女性のリアルな体験談を紹介!

ヒトコイ編集部 ヒトコイ編集部